債務整理 任意整理

任意整理と過払い請求は切っても切れない関係

任意整理の手続きにはいくつかやる事があるわけですが、その中でも大事なのが過払い請求です。過払い請求という言葉は、最近ではテレビコマーシャルでもよく耳にするようになり、その認知度も高くなっています。一体なんのことを言っているのかといえば、それは貸金業者がとっていた法定外の利息…をいいます。

 

まずはその余計な払いすぎた利息分があるかどうかを調べ、それが確認されれば、払いすぎた分を取り戻すことからおこないます。ちなみに、すでに完済している分についても、そのすべての取引履歴を調べることができるので、「もう完済したから…」なんて諦めないですみます。その過払い金を残っている元金の返済に充てることで借金がなくなったり、残ったとしても、今後の利息を法定内に定めたりといった交渉ができるようになるのです。

 

任意整理とは、過払い金の有無を調べるのとは切っても切れない関係となっています。いうなれば、任意整理とは、過払い金がどれだけあるかで借金の減額が決まる…ともいえるのです。もし、借金全てを大幅に減額したい、もしくは無いのとしたい…なんてことであれば、それは個人再生や自己破産手続きをおこなうしか方法はなくなってくるのです。

 

また、任意整理は誰でもできる…ものではないことを知っておかなくてはいけません。任意整理が適用される人というのは、減額した借金…つまりは残った借金を計画的に返済できる、ということが大前提なのです。そのためには、なんらかの仕事を持っており、毎月一定の収入がある…ことが必要です。この条件に当てはまってさえいれば、必ずしも正社員でなければいけない…といったことはなく、パートやアルバイト、年金での生活者でも可能となります。

 

しかも、自己破産では「借金をしてしまった理由」が問われる事となりますが、任意整理ではそうしたこともありません。無駄な浪費であろうが、ギャンブルであろうが…借金の理由を聞きませんので、それも自己破産と大きく異なる特徴の一つといえます。任意整理では、なによりも「残った債務を返済し続ける意志」が必要となるのです。


理不尽ともいえる過払い金

過払い金と深い関係にある任意整理。法定外の利息を取られていたなんて、債務者としてはそれを知ったときの驚きと怒りは相当なものとなります。「詐欺だ!」なんて怒り心頭になっても仕方がないといえます。だからこそ、業者としてはあまりつつかれたくない問題でもあり、一個人が聞いたぐらいでは簡単には答えてくれないのです。こうした問題には、しっかりとした知識と法律に詳しい専門家…弁護士や司法書士の力をもってつつくのが一番手っ取り早いものとなります。過払い金の請求には、和解示談交渉も必要となるので、そういった意味でも専門家に頼んだほうが得策となるのです。

 

過払い金の請求をおこなうと、ほとんどの業者が、全額返還しない方向で話を持ってきます。まさに理不尽ともいえる言い分ですが、貸金業者は変換されるべき利息の半分から3分の2程度で済まそうとするのです。向こうも慣れたものですから、法的根拠で理詰めで対応していかないと厳しいのです。