債務整理 任意整理

任意整理をするとなると、住宅ローンはどうなるのか?

膨らんだ借金を整理する任意整理。借金の理由はさまざまですが、なかには生活するのに必要な借金というのもあります。その一つが住宅ローンです。大きな買い物となるこれは、そう簡単に整理することはできません。

 

住宅ローンを抱えている人が任意整理について真っ先に心配するのが、「任意整理することで、せっかく購入した家に住めなくなるのでは」とか、「住宅ローンの契約も打ち切られるのでは…」なんてことです。こうした考えを持っている人はとても多いのですが、実際にはまったく異なるものとなります。任意整理は整理したい借金を選ぶことができるので、住宅ローンは残しておいて、それ以外を整理する…といったように選ぶことができるのです。ですから、当然、住宅ローンはそのままにしておくことができます。

 

とはいえ、これはあくまでも任意整理をおこなった後でも、住宅ローンを滞りなく払うことができたなら…という状態でのみです。住宅ローンにおける毎月の支払額は大きいものとなりますので、他の借金が任意整理によって大幅に変わらなければ、その支払いは苦しいままのものとなります。この場合は、任意整理よりも住宅ローン特則という特例のほうに目を向けたほうがいいかもしれません。住宅ローン以外の借金の増減額も大きい、個人再生の方が適しているといえるでしょう。

 

ちなみに、任意整理をおこなうことは、他の債務整理と同様にブラックリストに登録されることになります。ブラックリストとは、信用情報機関に事故情報として任意整理したことが記載されることで、この期間において新たなローンを組むことができなくなります。ローンだけでなく、クレジットカードも作れなくなるので注意しなければいけません。ただし、ブラックリストの記録は未来永劫残るわけではなく、その内容によって数年から十年単位で消去されます。任意整理においては、大体5〜7年といったところでしょうか。


任意整理後に住宅ローンを組むには?

ブラックリストに掲載される要因としては、任意整理だけに関らず、借金を放置したり返済が遅れた事でも細かく登録されることとなります。そして、任意整理における手続きがおこなわれ、和解が成立すると同時に、すべての信用情報機関に事故情報として登録されます。

 

もし、一度はブラックリストに載ってしまったが、住宅ローンを組みたい…ということであれば、金融機関が評価する与信力を高める事が必要となります。例えば、安定した仕事に就職したり、努めている会社の勤続年数を長くする…などが、それになります。難しいかもしれませんが、年収がアップするとさらに与信力は高いものとなります。
また、銀行系の住宅ローンを申し込むのであれば、銀行や信用金庫、信用組合に関する取引状況について取り扱っている「K・S・C」の事故情報が解除されるまで待たなければいけません。できれはこのブラックリストに載っている期間に、頭金となるお金をある程度溜めておくのがいいでしょう。経済力が高くなると、それだけ住宅ローンも組みやすくなるのです。