債務整理 任意整理

任意整理のメリット

任意整理は、債務整理の中ではポピュラーな手段となっていますが、その大きな理由としてはデメリットが少なくすむという事です。誰だってデメリットは最小限に抑えたいと考えますから、債務整理の中でもデメリットが少ないといわれている任意整理に目がいくのですね。
では、そのメリットとして注目されていることとは、一体どんなことなのでしょうか?

 

○債権者と和解を成立させる事ができれば、残った借金に対しての利息が原則としてカット…つまりは無しになります。返済するのは残った元金のみであり、3〜5年の間に完済するようにします。

 

○借金ごとに利息の引き直し計算をおこない、過去に不当な利息の支払いがあるかどうか調べます。もしあったとしたら過払い金として請求することができます。

 

○借金が一つではなく複数ある…つまりは多重債務といった状態であったとしても、自己破産や個人再生のように、すべての借金に対して任意整理をおこなう必要はありません。あくまでも、任意整理したい借金だけを選び、住宅ローンやカーローンなどの必要な借金はそのままにしておくことができます。

 

○その手続きにおいて裁判所を間に入れないので、事務に関する手続きが比較的楽。交渉から和解までの流れが、短期間でスムーズにおこなえる可能性が高くなっています。

 

○任意整理をおこなうに当たって、その整理したい借金の理由を問われる事はありません。無駄や浪費やギャンブルなど…自己破産ではその理由が問われるものとなりますが、任意整理では問われないのです。

 

○自己破産では、その手続きをおこなうための資格制限…つまりは職業制限といった細かい制限がありますが、任意整理では安定した収入があれば特に制限はありません。フリーターだろうが、パートであろうが、年金受給者であろうが…任意整理の手続きをおこなう事は可能となっているのです。


任意整理のデメリット

任意整理には、メリットがたくさんあることがわかりました。では、デメリットとしては、一体どんなことが挙げられるのでしょうか?

 

○信用情報機関に事故情報として記録…いわゆるブラックリストとして記載されます。このことからも、任意整理をおこなった数年間は新たな借入やクレジットカードを作ることはできなくなります。

 

○借金に連帯保証人があった場合、任意整理することで連帯保証人にその請求がおこなわれることとなります。

 

○個人再生に比べると、減額できる金額が少なくなります。大体、2〜3割程度の額ぐらいとなっています。ただし、状況によってはかなりの過払い金が発生し、大きく借金を減らすこともあります。

 

○任意整理後には残った借金を計画的に返済していかなくてはいけないので、安定した収入だけでなく、返済する強い意志が必要となります。

 

裁判所を通さず、債権者との交渉においても柔軟におこなうことができる任意整理。ですが、それなりのデメリットもあることを頭においておかなくてはいけません。ましてや、最近では任意整理の交渉に応じない強気な債権者も増えてきているので、そういった点も考慮して動くようにしなければいけないのです。